個人を対象とした研修会の選び方

受講生の自主性を発揮させる

社員研修を自社だけで行うのは、時間や場所も必要になり大変です。また、社内に研修実務や人材育成に長けた人材がいるとは限りません。研修計画は時間やコストもかかり、人事部だけで賄いきれない面もあります。そのため、多くの企業では外部の研修機関やセミナーを利用することになります。社員が個人参加できる研修であれば、都合の良い日時に受講できるメリットがあります。個人を対象とした研修会を選ぶポイントとしては、受講者が自主性を発揮できるプログラムがあることです。単に講師の話を聞くだけでなく、積極的にディスカッションがなされることも大事です。研修業界の中には、カリスマと呼ばれる講師がいます。そうした講師の研修会は独自のプログラムを採用しており、受講者を飽きさせることがありません。

研修会の費用対効果を考慮する

個人を対象にした研修会を選ぶに際には、コスト面も考慮する必要があります。費用対効果の高い研修会であれば、相当なコストがかかっても導入する価値があります。それでも、ネットを使った研修システムも開発されており、低コストの研修会も行われています。中には低コストながらも、高い効果を発揮する研修会も少なくありません。ネットを活用すれば、個人に対して手厚いサポートが行えるというメリットもあります。研修会の費用対効果を判断するには、過去の実績を調べるのが良いと言えます。実際に研修を導入した企業を調査し、人事担当などに話を聞くのも選択肢となります。また、Web上からも研修会の情報を得られることもあるので、評価サイトなどを積極的に活用することも大事です。